実験中

生きていけないんじゃあないかと思うくらい朝起きるのがつらかったり、

きれいに咲く桜を見て嫌な気分になったり、、、

これは普通じゃあないんじゃあないかとある人に相談したら、

「アナタ、それは超低血圧なだけよ、朝バナナ食べなさい。

わたしの言う通りにしてれば治るから」

と言われて、毎朝バナナを食べることを約束させられた。

しかし無理矢理起きて朝とにかくバナナを食べることはもう痛々しいと

いう表現を超えていた。

朝から普通にバナナを食べるほどの元気があったらもう低血圧ではない

のだから。

そんなことがはじまりで、泣く泣く体質改善を考え始めた。

これまでの自分の食生活を見直すとかデトックスとか、ちょうどいい

年頃かもしれない。

ここでみなさん!

長い間大変お世話になりましたが、

わたしお酒をやめました

(今なにか言ってる方、はいはい。わかりますよ。その寂しい気持ち。)

酒豪と呼ばれてはやOO年、いったいどれだけの酒を飲んで来ただろう。

夕食には赤ワイン、お風呂上がりに缶ビール、寝る前にウイスキー、

お昼には梅酒と粋にお酒を楽しむわたし、飲みに行けばグラスではなく

ボトルを、ジョッキではなくピッチャーをと、まるでオッサンみたいに

頼もしく飲めるわたしがお酒をやめるなんて、信じられないでしょう。

けれど本当なのである。どうしても飲みたい時には飲めばいいとさえ思っ

ているものの、もうかれこれ飲まずに1ヶ月が経つ。

意外なことにお酒やめるのはけっこう簡単だった。

お酒を飲まなくても、水で酔っぱらえるような人間だったんだなということ

である。

お酒を飲まなくなると、チーズやオリーブとか生ハムとかチョコとか、

そういったお酒のおつまみになるようなものも食べなくなるもので、食生活

も少し変わった気がする。

お酒のない食卓にはまったくムードがないが、

ワイングラスで水を飲むのも高級感があって悪くない。。

こんなことができるなら、あれだけベジタリアンをばかばかしいと思って

いたわたしが、いよいよベジタリアンになる日もそう遠くないかもしれな

い。

実はもうひとつやめたものがある。

それはコーヒーである。

なんと意外にもこれはお酒をやめるよりはるかに難しかった。

コーヒーを飲めないのはあまりに痛苦でがまんできず、これは精神的に

よくない。そこで今まで一日10杯飲んでいたところを1杯にすると

いう努力をしている。

自分はコーヒーホリックだったんだということにやっと気づいた次第で

ある。もう美味しくないコーヒーをがぶがぶ飲まないかわりに美味しい

コーヒーを一杯だけ飲もう。

お酒とコーヒーをやめたことがどれだけ健康に影響するのか分からない

が、かつてこんな身を削る実験があっただろうか。。

人生ではじめて摂生している気がする。

食生活を変える、それは生き方を変えることであるらしい。

勇気を持って生き方を変えつつある自分は本当にエラい!

エラーい!!エラーい!!!

2010-04-29 | Posted in BLOG10 Comments » 

ビューティウォークと私

これまでに私の人生を変えた出来事を挙げてみてと問われたら

台湾留学、写真集の出版などいろいろあるがやはり「ビューティウォーク」

との出会いを語らずして自分のことを語ることはできないと思っている。

「ビューティウォーク」とはまさに美しく歩くための教室なのだけれども

わたしはここで人生の基本を学んだ。

美しく歩くことは美しく生きることでもあった。

悶々とダラダラつまらない顔をして会社に通っていたわたしは、

ある日「今なら入会金ゼロ!!」というポスターを見て、気まぐれに

代々木上原のスポーツジムに入会する。(後で気づいたらそこは年中

入会金ゼロのキャンペーンをやっていた。)

2ヶ月くらい過ぎて運動なんて面倒くさいからもうやめようと思っていた

ところに奇跡的に出会ったのが、この「ビューティウォーク」である。

まず先生が魅力的であること、そしてクラスに出ているみんなが

とても美しく輝いていること、クラスに出た後なぜか気持ちがよかった

こと、、、もちろん私はそのクラスの虜になってしまった。

そしてそれ以来、週に2回のビューティウオークのクラスはなにがあっても

欠かさないという生活をその後4、5年ほど続けたと思う。

姿勢がいい女は、体も心も美しい。

chika2

ビューティウオークは少しづつ私のマインドを変え、人生を変えていった。

美というものに興味のなかった私が

「今きれいにならずにいつきれいになるの?」とか

「女がきれいになるためにお金はあるんだから!」とか

「女として生まれたからには、少しでもチャーミングに生きなければ

いけないんじゃあないの?」

などの驚くべき究極のセリフを吐くようになったのもこの頃だったと思う。

わたしは自分の体を意識するようになり、人に見られることを意識するよう

になった。そうすることによってマインドが少しオープンになったと思う。

人は、美しいから姿勢がよいのではない。

姿勢がいいから心も体も美しくなるのである。

それ以来、会社の残業や飲み会やデートの約束よりも、まずスポーツジムを

優先してしまうようになった。

「ああ、、その日はちょっと、ごめんなさい」と言って断ってもまさか

それがスポーツジムのためとは決して言えなかった。

(もし言っていたら、会社や友達を失っていただろう。)

天気のいい日曜日などはスポーツジムに行くのはもったいないと思いながら

もせっせとジムに通った。ビューティウオーク、ヨガ、スイミング、ジャグ

ジーと朝から晩まで ジムでまったり過ごし、夕日を浴びながらぐったりして

家路に着く時のなんともいえない充実感と悲哀感をわたしはいまでも

覚えている。

私のようななまけものが運動を続けるのは容易なことではなかったが、

ビューテイィウオークのおかげでわたしはものすごい筋肉の持ち主になって

みんなにうらやましがられた。(いや、恐ろしがられた。)

Scan 2


このビューティウオークのチカ先生については、いづれまた書こうと

思っているが、たまに気分がやさぐれてしまっているときわたしは

いつもチカ先生に会いたいなと思う。

彼女はいつまでもわたしの心の先生なのである。

そしてさらにこのクラスには 意識の高いいい仲間がいて一緒に

ショーを作り上げたり踊ったり飲みに行ったりとにかく笑いが絶える

ことがない。わたしはその中にいるとき、とても幸せだった。

(ちなみに不思議なことにこのクラスは美人ばかりなのに、

独身率は非情に高く常に約83%ほどはあった。)

人のことは言えないが、はやくここから脱出して結婚でもしましょうよ、

と言うに言えないほど、そこには余裕と気迫と熱気があったと思う。

chika

その先生と仲間との付き合いはもう6年にもなり、遠くにいても

わたしはいつもこの人たちに支えられていることを感じている。

最近どうしていいのか分からないつらい日が続いたが、ふと気づいた。

ビューティウオークの精神にのっとって、

体を変えたら、心も変わる!そんなことを思い出した。

わたしはまず運動をするべきだと思った。

NYでこのビューティウオークに代わる何かと出会うことができたら

わたしはここでもたくましく生きて行けるのではないかと思う。

運動をして、強い精神力を養って

「来年はニューヨークマラソンにチャレンジするよ!!」

とおもしろい冗談を言えるくらいになりたい。

(いや、ぜったいしないけどね。)

2010-04-03 | Posted in BLOG3 Comments »