ひとめぼれ

みなさんは「ひとめぼれ」というものをしたことがあるでしょうか?

もうそんな言葉は死語になり、ひとめぼれといえばお米の名前だと

勘違いしている若い人もいるかもしれません。

それに人間というのは年をとるうちに鈍感になりますから、

ドキっとしてもそれがなんだかわからない。

あれ?なんだろう。この気持ち、と思っていても的確に分からず

そのうち忘れてしまうことが多い。

「ひとめぼれ」というのは、奇跡です。

ひとめぼれは、あふれるほどのイノセントな気持ちと

どこから沸いてくるかわからないものに突き動かされることなんです。

しかしそれを感じる能力をもち、じぶんの中で大切にしなければ、

意味なく消えて行くあわのようなものです。

人生でそんな「ひとめぼれ」というドラマに出会えた人は幸運です。

ところで、ここにひとめぼれをしただけでなく、その後勇気を持って

自分からデートを申し込んだことがある人はいらっしゃるでしょうか?

もちろんひとめぼれというのは、「一目で惚れる」ことですから、

相手のことをあまり知りません。

そのあまり知らない相手に、声をかけれる勇敢な人は何人いるでしょうか?

そしてさらに、その後、運良く相手が承諾してくれてデートの運びとなる

幸運な人は何人いるでしょうか?

そしてさらにさらに、その人が自分が思った通りのステキな人で、

そのデートがとてもすばらしかったといえる人は何人いるでしょう。

わたしは、それは全人口の3パーセントくらいではないかと

考えています。

ここで告白しましょう。

わたしは3年前の寒い冬の夜、

その「ひとめぼれ」を体験したたぐいまれなラッキーな人間です。

その人はわたしの展覧会に来てくれて、その日たった10分ほど

立ち話をした程度の人でした。

なにか分からないけど、もっと話がしてみたいと思った私は

なにげにお酒をすすめました。

(そこは、赤々舎というお酒が飲めるギャラリーです。)

「車で来ているから」とあっさり断られましたが、

すかさず、「え?車?どこからですか?」と切り込み、

「ほうほうー、そんな遠くからですか。よかったら

ぜひ、芳名帳にアドレスを書いて行ってください」

と、書いてもらった、その時です。

その人の美しい字とそれを書く姿を見て、わたしははっきり確信しました。

これはひとめぼれなのだと。

そのはじめての気持ちをどうしていいかわからず、

その晩の飲み会でわたしは写真家の殿村任香先輩に思いきって

相談しました。

すると、

「プチポカさん、アンタここでしっかり女になりぃーや。

いっぱつ告白したってや!やらんといかんでしょうー。

うまくいったら電話してや。合い言葉は「キョーザ」やで〜」

と完璧でほれぼれする関西弁でアドバイスを受けました。

(いまだになぜ合い言葉がギョーザなのか分かりませんが、)

そしてそのアドバイスにしたがって、わたしはその夜その人にさっそく

メールを出しました。

しかも、わたしは初めてのメールで「こんどお茶しませんか」

などという曖昧なことばでなく、

「あと1週間のうちにわたしとデートしてくれませんか」

という脅迫のような告白をしたのです。

わたしはたぐいまれな暑い、熱い人間です。

あと一週間の命だ、、そんな切羽詰まった感があらわです。

お相手もさぞかし驚かれたでしょう。

「。。。」

その後どうなったかと言いますと、わたしはその人と

初々しい静かなお正月デートをすることができました。

明治神宮に行って、おみくじひいて、六本木まで歩いて

ごはんを食べてたくさん話をして帰りました。

わたしよりもずいぶん年下なのに、きちんとはなしができるし、

感覚のいい、頭のいい人なんだなという印象。

わたしの突然、かつ強引な申し込みに気持ちよく答えてくれたその人に

とても感謝しました。

それはアメリカに旅立つ1週間前の出来事でした。


この一度きりのデートの思い出が、今でも私をうす桃色の

気分にさせやさしい気持ちにさせます。

そしてその人からたまにもらうメールにいつも静かな元気と勇気を

もらいます。

あわい。。。それがとてもいい。

こういうのは、とても特別です。

で、何が言いたいかと言いますと、

みなさんもどうかひとめぼれをしてみてください。

恥をかきすてて!

ひとめぼれという奇跡にむかって、チャレンジしてみてください!

それはのちにあっけなく玉砕すること間違いないでしょう。

しかし、それは「生きている」という熱い気持ちを思い出さ

せてくれる大切な経験となります。

まずなにより、そんな一生懸命で無謀な自分がとても

いとおしく思えてくるはずです。

自分のことが、とても愛おしくかわいいと思えたとき

人間はやっと前に進むことができるのではないか、とわたしは

考えます。

「恋せずば人は心もなからまし物のあわれもこれよりぞ知る」

(藤原俊成)


そういうわけでずいぶん遅れましたが、この場をかりて殿村先輩に

お礼を申し上げます。「ギョーザーーーー!!」

2012-01-19 | Posted in BLOG16 Comments » 

Happy New Year!

自分の2011年を振り返ると反省ばかりである。

意志が弱くてなにも成し遂げられなかった な。

小さなことも自分を甘やかしてやり通せなかったな。

惰性の一年だったと反省をしながら大晦日を迎えた。

そこで、

意志を強くするために、大晦日の朝買ったもの。

シューズ 89ドル

そして大晦日の夕方、突然手に入れたもの。

ゼッケン 55ドル Tシャツ付き



どっかーん!!

ニューイヤーズイブ ”ミッドナイトラン in  セントラルパーク!!”

日付が変わるとともに打ち上げられる花火を合図にスタートする

大晦日恒例の4マイルマラソン。

新年の決意をこめて、なんと(走ったこともないのに)

いきなり走りました〜


走ったことがないので4マイル(5キロ)がどれくらい大変なのか

検討もつかなかったが、ビリでもいいからとにかく走り抜こうと決意。

その日シューズを買ったばかり、一度も練習をしたことないのに、

だいじょうぶなんだろうかと、とても心配だったが

これは参加することに意義があるのだ。

記念マラソンなんだから。

でも、ふたを開けてみればそこには似たような人がいっぱい。

自分はビリじゃあないかもしれないという希望が!

なかにはこんな人も。

というか、こんな人ばかり。まるで仮装大会。

わたしもささやかに仮装して走ったが、

ささやかすぎてなにか分からない人もいるかもしれないので、

思いきって言うと、

これは「自由の女神」です。

途中でシャンパン(ノンアルコールだけど)も振るまわれたりもして

初詣のとき神社でもらうお屠蘇みたいな気分。


たった5キロをゆっくり一時間近くかけて走ったわけだが、

ゴールした時はやはりとても感動した。

大声援の中、よし、ニューヨークシティマラソンも夢じゃあない!!

と叫んで、自分に酔ってしまった。

ランナーズハイってほんとうにあるんですね〜。

走らないとわからないんですね〜。

この高揚感が人をランナーにさせるのだろう。

「走るのなんて体に悪い」と走ることをバカにしていた自分は

もう別人だった。

そして完走してもらった副賞がこれ。

ベーグルとアップル。

いかにもニューヨークらしい。

走ったあとこういう固いものを食べたい気分ではなかったが

まるいのと、赤いのともらうなんて縁起がいいじゃあないか!!

日本だったら、あま酒とお餅だろうなあ、、

もちろん湯気がのぼっている。いいなあ。

目をつむって遠い日本に思いを馳せた。

次の日は、全身筋肉痛でがたがたの体をひきずって、初日の出。

強烈な太陽の光を見たら、おみくじで大吉をひいたような気分になった。

毎朝これくらい早く起きて日の出を見るべきなのかもしれない。

昼にはものすごい自己流のお雑煮。

夜はいつもお世話になっている長倉さんちでおせちをごちそうになった。

おかげでさみしくなかった。

あたたかくて充実したお正月だった。

みんなが元気でいい一年になりますように。

今年もどうぞよろしくおねがいします。

2012-01-10 | Posted in BLOG6 Comments »