離愁

 

みなさん、こんばんわ。

ブログをさぼりつづけて6ヶ月。

もうどうやって再開していいのか分からないわたしを

許してください。

ほんとにお久しぶりです。

時の経つことの早さが信じられませんが、今思うと

この半年じぶんの手に負えない大きなものに執着し

つらかった。

顔もまっくろに日焼けして、ひりひりと痛くてひどい疲労感。

でもこのひりひりがとれるころ、いままでと違う自分に会いたい。

そんなことを思う今日でした。

 

そして突然ですが、

写真展のお知らせです。

9月9日(日)つまり、なんと明日から!!

赤々舎で写真展がはじまります。

ぎりぎりのお知らせになってしまい、申し訳ないのですが

なんと明日9日6時からはオープニングパーティ!!

つきましては、みなさまお誘い合わせの上

ぜひお越しください。

こころからお待ちしています。

強烈にみんなに会いたい。

 

藤岡亜弥写真展「離愁」

 

 

 

この度、AKAAKAではNY在住の写真家藤岡亜弥の個展を開催致します。
主にブラジルで撮影されたシリーズ、「離愁」は、2004年にニコンサロンで発表の機会を得ましたが、今回はそれ以降に撮影されたものを多数加え、新たな構成を試みるものです。
作家は、亡くなった祖母が日系移民だったことを知り、初めてサンパウロを訪れました。
もたらされた出会い、ブラジルの大地を彷徨う旅。でもここに立ち上がってくるのは、誰かの物語ではなく、日系移民のドキュメンタリーでもありません。
少しずつ少しずつ写真や言葉を探っていきながら、私たちが向き合うものは何なのか。辿れない距離、手に負えないもの、広大すぎる風景、そして人々の声の断片より成る展示をぜひご覧ください。

会場:AKAAKA 3階
会期:2012年9月9日(日) 〜 9月29日(土) 12 : 00 〜 19 : 00 月・火・祝休
オープニングパーティー:9月9日(日) 18 : 00 〜 20 : 00

離愁

少しの情報と祖母の粉骨を持ってわたしはブラジルに降り立った。
祖母が帰国して60年が経っていた。
サンパウロには祖母が姉妹のようにして育った「文江さん」という幼なじみがいるらしい。その人を頼りにはるばる訪ねてみると、肝心の文江さんはなんと2ヶ月前に亡くなっていた。
あぜんと立ち尽くす私に、日系移民ソサエティの強固なネットワークの助けがあり、祖母が帰国して60年以上が経つというのに、祖母を知るという日系移民の老人たちがぞくぞく集まった。
そこで私を待っていたのは、熱烈な歓迎とわたしの知らない歴史、そして祖国に対する憧れを語り続ける日系一世だった。
遠い国で日本人よりも日本人らしく生きている人々。
その濃密な時間に私は夢中でビデオカメラをまわしていた。

日系移民として20年も暮らしたブラジルは祖母にとって “故郷”だったのだろうか。日系移民にとって日本はいつまでも“故郷”なのだろうか。
ビデオカメラを回すうち、しだいに重い使命を負いはじめているような気分になり逃げ出したくなっていた。

空はただ青く広大だったが、私は憂鬱だった。
バスから窓の外を眺めていると、100年前とほとんど何も変わっていないであろう景色が延々と続いていた。

辿り着いた道
力強くうねる丘
郷愁の花、イペー
飲み込まれていく赤い土
離愁

私は正面から日系移民にカメラを向けることができず、遠くばかりを見てシャッターを切っていたと思う。
私が知ったふりができることはなにもなかった。
ここにある私の憂鬱は、遠い日に祖母もこの土地で感じた憂鬱なのかもしれない。手に余るもの、その憂鬱に身を任せたまま旅を続けることだけが許されたのだった。

藤岡亜弥

展示の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.akaaka.com/gallery/g-upcoming.html

AKAAKA (赤々舎)
〒106-0031 東京都港区西麻布1-9-13
tel :03.6434.0636 / fax : 03.6434.0618
)))))))))))) http://www.akaaka.com/

2012-09-08 | Posted in BLOG1 Comment » 

コメント1件

 のりねえ | 2012.09.11 10:43

あやちゃん 写真展開催おめでとうです。頑張ったね♪

パーテーは行ったけど写真はまだ観ていません。
水木金行きます-入り口で迷わないゾ

Comment





Comment